スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アジア株式をまとめて投資する方法




アジア株に本格的に投資するのであれば、当然のことながら現地の証券会社に取引口座を開か
なければなりません。国内の証券会社で唯一取引できるのは中国株のみとなっています。


インド株ファンドやベトナム株ファンドは純資産額を大きく伸ばしていますが、国内の証券会社では
インド株もベトナム株も個別銘柄には直接投資できません。

【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!



ここで面倒なのが、インド株式市場に上場するインド企業に投資する場合は、インド国内の証券
会社で取引口座を、またインド国内の銀行に入出金するための口座を開設しなければなりません。


日本に支店がないので手続きが非常に面倒です。


郵送でも取引口座を開設することはできますが、時間と労力が相当かかります。


東京や大阪など大都市圏に住んでいる方は比較的容易に必要書類を揃えることができますが、
それ以外の地域に住まわれている方の場合は現地に直接出向かれた方が早い場合もあります。

アジア株一発勝負!



そして口座開設が認められると取引開始することができるわけですが、ここで問題が生じます。


当たり前のことですがインドの株式市場に上場する銘柄に投資する分には問題ないのですが、
ベトナムやマレーシアなど他の国の株式市場に上場する銘柄に投資する場合です。


基本的には上述した作業を繰り返さなければならないので、非常に労力が掛かります。


そこでおすすめなのが、アジア諸国の株式市場に一括して投資することができるBOOM証券です。


BOOM証券であれば日本にいながら取引口座を開設することができ、世界中の株式市場にアクセス
できる上に各種手数料もリーズナブルに設定されているのが大きな魅力です。

【PR】 アジア株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!









テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 資産運用 ベトナム インド 海外投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。