スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







日中韓の「三角運航」中国当局と合意


今後さらにアジアがより身近により便利になりそうです。


今月9日冬柴国土交通相はの閣議後の記者会見で、日本、中国、韓国を貨物航空便
で結ぶ「三角運航」の実現について中国当局と合意したことを発表しました。


日本国内2地点と中国2地点を韓国・ソウル経由で結ぶ航空貨物便を、週4便まで運航
できるようにするもようです。


今月7日から中国・武漢で行われていた日中航空交渉で日本が中国に提案し、合意する
こととなり、日本と韓国の間では、すでに三角運航を認める協定があり、日本貨物航空が
就航を検討している段階にすでに入っているもようです。


これにより、大幅に改善され、日中韓の効率的な航空輸送が可能になります。


しかし、残念ながら、今回の日中交渉では、上海の市街地に近い上海・虹橋空港と羽田
空港を結ぶシャトル便についても議論したにも関わらず、具体的な就航時期などは詰め
切れなかったもようです。



<以下より一部引用>

『日中韓の貨物「三角運航」、中国当局と合意』


(読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000105-yom-bus_all







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。