スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







華僑系企業の強さとその特徴について



2007年にサブプライムローン問題が浮上し、欧米の金融機関が住宅ローン債券の焦げ
付きにより損失拡大から事業存続の危機に立たされている金融機関が続出ました。


ここにきて、一時期沈静化していたかに見えたのですが、実際は悪化が進んでいた
ようで、米国内の不動産価格の下落がとまりません。


実際にリーマンショック以降、破綻する金融機関が増えていますので、今後は業界
をあげて再編する動きが再び活発化することになりそうです。


そんな中、世界には何世代にも渡って生き抜いてきた財閥系企業が依然として多い
のですが、その中でも華僑系の企業は異彩を放っています。


今回は華僑系の企業の特徴について解説します。いうまでもなく、華僑はご存知の
通り、世界的に見ても類を見ないほど、血のつながりが強い民族とされております。


また、こうした血縁をもとに、世界中で独自の強力なネットワークを構築してます。


独自の貿易網を利用して商品の流通面では他者に圧倒的な差をつけて展開してます。


そして、華僑は客家を中心とした少数民族であるにも関わらず、世界に名だたる優れ
た経済人、政治家を輩出しています。


広大なアジア諸国において、客家を含む華僑は、それぞれの国におきましては、ごく
わずかな少数民族であるにも関わらず、どの国にでも、次第に頭角を現していきます。


事実、各国の代表的な企業はほとんど華僑系で占められています。


華僑国家であるシンガポールや台湾は別にしても、タイやインドネシア、マレーシア、
フィリピンなどでも、経済の中心を担う企業の多くが華僑系とされてます。


その影響力は絶大で、特に流通、金融などの分野において圧倒的強さを誇っています。








テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 華僑

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。