スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







中国、加熱した株式市場抑制へ



【アジア株で始める資産運用入門】


ロイターの記事によりますと中国証券報にて、中国はいずれ近いうちに、
追加利上げを実施しすることにより、現在20%となっている銀行預金利子
への課税率を引き下げ、または完全に撤廃する可能性があるとしております。



今回の措置により、預金の魅力を高め、銀行システムから過熱する株式
市場に資金が流入するのを防ぐのが狙いのようです。


ちなみに、中国が追加利上げを実施すれば、昨年4月以来5回目で、中国は、
流動性を吸収することにより、過熱気味の経済を抑え、これまで銀行の預金
準備率も8回引き上げております。


ここまで、当局が頻繁に色々な措置を取られると、中国市場に上場する企業
側も資金調達などの面で今後、色々と障害がでてくることが予想されます。


こうした動きにより、中国株式市場及び中国債券市場にどのような影響がおよ
ぼされるか、注目されるとことです。


今まで、こうしたメディアでの報道が現実のものとなるケースが少なくない
ことから、人民銀行の要人の発言はつねに注意する必要がありそうです。

 

応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




【引用もとの記事】
 
『中国、追加利上げと利子課税率の低減・撤廃を実施する可能性(ロイター)』


※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。