スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







海外の銀行口座を開いて海外投資する


もし、アジア株を本格的に投資するのであれば、やはり海外に銀行口座を開く必要があります。
そして、もっとも望ましいとされる条件は以下の通りです。


●インターネットバンキングとしてのサービスがある


●日本国内および世界中に支店がある


●証券やその他の金融商品にも投資できる



当然、世界的に知名度があり、また信用度も高いほど良いです。インターネットバンキングに
関しては、日本からアクセスしてネット経由で投資する上では欠かすことができません。



支店につきましては、日本から入出金する際に必要です。同じ銀行で口座があることにより、
他の国の同じ銀行間での便宣を図ることができます。



もし、地方に住んでいて支店が東京にしかない場合や、日本に支店がないような場合には
国内の銀行から現地の銀行に送金することになります。



現状から申し上げさせていただきますと、日本から、お金を持ち出すのが非常にナーバスに
なっているので、送金の作業自体が非常に面倒になっています。



ですので、個人的にはHSBC銀行に口座を開くことをおすすめします。ある程度の英語力が
必要となりますが、本格的に海外投資するのであればどうしても必要になります。



やりながら色々覚えていくのが本当の勉強だと思います。ですので、チャレンジするつもり
で海外口座を開いて、海外投資の一歩を踏み出すべきだと思います。








テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 海外口座 海外投資

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。