スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アジア株は中国・韓国・フィリピン買い好機



【アジア株で始める資産運用入門】


F&Cインベストメンツ・パシフィック・グロース・ファンド(預かり運用資産
2億8500万ポンド)のマネジャー、マーク・ウィリアムズ氏は、拡大が中国を
中心にアジアで株を物色する機会を提供していると以下の通り指摘してます。



     「中国の成長にかかわっているかどうかに基づ
          いて多くの投資決定を下すことになるだろう。」


      「11.1%という第1・四半期の中国の経済
         成長率は、最も確信が持てる原動力の1つだ」



また、ウィリアムズ氏は今現在、アジア市場で60─80前後銘柄に投資しており、
そのうちの約10%が小型株なのだそうです。



F&Cファンドの1つとされている、パシフィック・アセッツ・トラスト(預かり運用
資産1億6700万ポンド)は、水道会社チャイナ・ウォーター(中国水務)に
投資しているもようです。



投資判断を下したとされる理由として、今現在、アジアの人口増加でクリーン
な水に対する需要が拡大していると指摘しております。



ファンドマネジャーらは韓国については、建設、エネルギー、金融関連株に
物色する好機があるとみております。


全誦したウィリアムズ氏は以下の通り述べております。


    「韓国企業は大幅なディスカウントで取引されている。
           最も割安な銘柄のいくつかは重工業セクターにある」



フィリピン経済については、金利低下の恩恵や海外で働くフィリピン人からの
送金増加の好影響を受けていると指摘しております。



上述した以外にも不動産価格の上昇やフィリピン国内でコールセンタービジネス
が好調なことプラスに作用しているようです。



インドの成長見通しについても肯定的なのですが、投資の規模は比較的小さく
その理由としてバリュエーションが高くなり過ぎているとしております。
  


応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




【引用もとの記事】

『アジア株は中国・韓国・フィリピンに買い好機=F&C』


※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。