スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







韓国金融界にビックバン



【アジア株で始める資産運用入門】


フジサンケイビジネスアイの記事によりますと、韓国の国会でビッグバンと
称される証券市場の抜本的改革を目指す法案が成立する見通しにあります。



英国の改革を手本に、証券会社の業務の幅を広げることで再編し、ゴールド
マン・サックスのような巨大投資銀行の育成を掲げております。



これにより、M&Aや日米の金融機関との提携が活発化することが予想されます。


新法は2009年1月に発効する見通しで、銀行や保険以外の以下、ノンバンク
6業種について根拠法を一本化することで、垣根を取り払います。



●証券

●信託

●先物

●資産運用

●投資顧問

●投資一任



これにより1つの店舗でさまざまな商品を提供するワンストップ・サービス
の実現が可能となる見込みです。



法律で具体的に列挙された商品やサービスしか取り扱えない現在の仕組みに
ついても、明示した禁止行為以外は自由に行えるようになります。



このため、コモディティー商品や、天候などを組み合わせたデリバティブ
などの商品開発競争がより一層激化することが予想されます。



韓国政府は、今後、証券会社間でM&Aが活発化し、再編が進むとみており、
またゴールドマン・サックス級の証券会社育成を目指しています。



その有力候補と目されているのが有力財閥サムスン傘下の金融グループで、
預託資産を保有する最大手サムスン証券は、新法の施行に向け、ノンバンク
の買収を精力的に進めているもようです。



ここ、数年韓国では旧態依然の殻を打ち破るような方向へ民と官一体で取り
組まれています。今後韓国の金融業界と水をあけられないように日本でも、
こうした革新的な取り組みが行われることを期待します。




応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。