スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







熾烈な格安航空競争



【アジア株で始める資産運用入門】


これも時代の流れなのでしょうか、航空自由化の流れを受け、アジアでも熾烈
な格安航空会社間の競争が本格化することとなりそうです。



シンガポール航空系タイガーエアウェイズ、豪カンタス航空系ジェットスター
などがしのぎを削っているもようです。(両方とも名前が強烈ですが・・・)



そして、韓国の大韓航空や全日本空輸(ANA)が格安航空子会社を設立する計画を
発表したことが明らかになっております。



ブラジルでは新たに子会社を設立せずに成長した格安航空会社が既存大手を買収
するケースも出ているので、アジアの航空業界に再編の動きも活発化しそうです。



こうした格安航空会社が台頭した最大の要因として、中国を中心とした航空旅客
数の域内の急増が背景にあるとされております。



大韓航空が格安市場に進出する背景は、運賃や路線を自由化するオープンスカイ
(航空自由化)協定の進展があるとされています。



オープンスカイ協定は、域内の多国間(米、ブルネイ、チリ、シンガポール、
ニュージーランド)で締結ずみとされております。



また、05年はインド・米国間などで結ばれ自由化が進んでおります。



格安航空は全体の約2割を占めるまでに成長しております。


  
利用する方とすれば安くなるのは嬉しいのですが、最低のサービスしか
受けられないのであれば意味が無いので、やはりサービスの向上を重視し、
適切な価格帯を模索するほうがよいのではないかと思います。



応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。