スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







官民タッグでアジア外交本格化



【アジア株で始める資産運用入門】


ようやく、日本も政府レベルによるアジア諸国との外交が本格化しそうです。


フジサンケイ ビジネスアイの記事によりますと、安倍晋三首相が8月に予定
しているインドやマレーシアなどのアジア歴訪で、政府は日本経団連に同行
を非公式に打診していたもようです。



これを受けて、日本経団連側も大型経済ミッションを同行させる方向で調整を
進めていることが明らかになりました。



今現在、内閣支持率で最低の状態にあります安倍首相は外交戦術として、
昨年11月のベトナム訪問で御手洗冨士夫・経団連会長を団長と経済ミッション
の同行をすでに実現しております。



事実エジプトなど大規模ミッションが同行し官民で外交を展開し、成果をだして
おりますので、なんとか国民に、こうした面をアピールしたいところです。



フジサンケイ ビジネスアイの記事には、インドネシア、インドにも訪問する方向
で調整中しているもようです。



こうしたことから、経団連は意向を受け、経済連携の強化が話し合われる同歴訪
にミッションを派遣することがすでにアレンジされているそうです。



産油国でもあり、液化天然ガス(LNG)の重要な調達先でもあるインドネシアに
経済界を代表する大型ミッションが同行する意義は非常に大きいとされています。



欧米では公式訪問に経済界を代表する経済ミッションを同行させるのが通例と
されておりますが、これまでは外交日程は、過密日程のため時間的余裕がなく、
移動が多いことから、経済界が望む商談や視察などが難しいとされていました。



しかし、今後は経済界も新たな生産拠点や市場開拓に向けてアジア地域との
経済関係の強化を望んでいることが明らかになり、大規模ミッションによる官民
外交が展開されることが期待されます。
  



応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※アジア株関連への投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

アジア株関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合につきましても、当方では一切の責任を負い
ませんので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。