スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







<財務相会議>通貨危機に備え外貨管理



昨日京都市内で開かれ開かれた東南アジア諸国連合・日中韓(ASEANプラス3)
の財務相会議について読売新聞の記事で以下の通り取り上げられております。



会議にて、90年代後半アジア諸国の経済をを襲った通貨危機から、壊滅状態に
陥ることとなったことから、万が一の通貨危機に備えて、多国間で外貨を拠出
し合う新金融システムの構築を盛り込んだ共同声明を採択したもようです。



新体制におきまして、参加国同士が外貨準備の一部を拠出し合い、一元的に管理
するプール制の形をとるとされており、通貨危機に陥った国は、このプールされ
た資金から外貨を売り、自国通貨を買い支えるために利用します。



こうしたことから、アジア版の国際通貨基金(IMF)としての役割を担う可能性が
あるとして今後大きな期待と注目が集まることが予想されます。




※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

アジア好配当株投信deアジア株投資入門トップへ







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。