スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アジア新興国の債券3割増



アジア債券市場に成長の兆しが出てきたもようです。


アジア開発銀行がまとめたレポートによりますと、アジア新興国の自国通貨建
て債券の総額は2006年に前年比で30%以上の伸びをみせました。


官民共同で債券市場の育成を進めた結果、域内で資金が回り始めた結果と
判断することが出来ると一定の評価がくだされたもようです。


今月5日、京都で開かれます東南アジア諸国連合と日中韓(ASEANプラス3)
財務相会議は、外資系ファンドなどによる急激な資金引き揚げで通貨危機
が起きたことを想定し、アジア域内で資金を効率的に取引することで流動性の
高い債券市場を、今後育成することで合意したとされております。


域内新興経済(中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シン
ガポール、タイ、ベトナム)の自国通貨建て債券総額32.37%中国は企業債が
65.94%増となるレベルにまで達することとなりました。


この結果、総額で半分弱に成長したとされております。


今後より一層アジア債券市場を拡大するため、アジア開発銀行は「アジア共通
通貨(ACU)」建て債券を案件が大きく取り上げられたもようです。


そして、昨年5月のASEANプラス3財務相会合で、その創設に向けた研究開始が
すでに合意されております。


欧州各国通貨を組み込んだバスケット「欧州通貨単位(ECU)」建て債券が、欧州
通貨「ユーロ」を生むきっかけになったことから、将来的には、それらを模倣する形
で通貨及び市場を形成していく動きがより活発化することが予想されます。





「以下の記事より引用」


(産経新聞)


『【奔流アジアマネー】新興国の債券3割増 06年総額』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000014-san-bus_all







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。