スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







中国預金準備率また引き上げ



『中国預金準備率また引き上げ』



読売新聞の記事によりますと、中国人民銀行(中央銀行)は、金融機関の預金準備率
を現行の10.5%から0.5%引き上げ、11.0%にすることが明らかになったもようです。


本年度の5月15日から実施することとなります。


預金準備率の引き上げは今年に入って、かれこれこれで4回目で、今月16日にも0.5%
引き上げられたばかりです。


市中の過剰な資金を吸収し、固定資産投資などに回る貸し出しを抑制する狙いとされて
おり、中国は、今年1~3月の国内総生産(GDP)が前年同期比11.1%増と、昨年10
~12月の同10.4%増から加速しているとされております。


06年後半に抑制された固定資産投資も再び拡大している状態にあるもようです。


このため、中国人民銀行は、利上げを含めた金融引き締め策を小刻みに実施し、経済の
軟着陸を目指していることが明らかになりました。




「以下の記事より引用」



(読売新聞)

『中国預金準備率また引き上げ、今年4回目の金融引き締め』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000112-yom-bus_all







コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。