スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







中国株ファンドに投資するポイント

世界的な金融危機の影響によって、も大きく低迷しています。このため誠に
残念ながら中国株ファンドから資金流出が加速的に進んでいます。



もちろん低迷しているのは中国だけではありません。日本や韓国も大きく低迷しています
のでアジア全体が精彩を欠いた動きが続いています。



2006年までに中国株ファンドを購入した多くの投資家が、たった1年程度保有しただけで
購入時より数倍程度基準価格が上昇するものも珍しくありませんでした。しかし、2008年
に開催された北京オリンピックを前に失速し、以後低迷し続けています。



これまでは資産として保有し続ければ必ず儲かるといわれていた中国資産も、状況が大
きく変ったので何も考えずに購入してしまうと怪我をしてしまいます。



そうした状況下にありながらも中国経済は高い経済成長を維持しています。意外に思える
のですが、上海および深セン市場は回復に向かう気配はありません。しかし、中国政府は
大々的な内需拡大政策を実施することを正式に発表しています。



ですので、世界のアナリストは景気低迷をいち早く脱するのは中国であると予想する声が
少なくありません。もちろん状況が状況なだけに楽観視することはできません。



しかし、絶好の投資機会がもうすぐ訪れる可能性が高いと考えることもできます。中国の
株式市場は依然発展途上の状況にありますので単純に内需関連銘柄に投資するのも
良いのですが、銘柄分析が容易ではありません。



依然として入手できる情報が少ないといった問題が根底にあるからです。ですので、個別
銘柄や中国株ファンドに直接投資するのも良いのですが先に中国株ETFに投資するのも
一つの手だと思います。ETFはハンセン指数などの株価指数に連動します。



ですので、中国と世界経済の状態をある程度把握することでスムーズに投資することが
できます。先に中国株ETFに投資して底を打ったことを確認してから、中国株や中国株
ファンドに投資することで投資効率が高まります。







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。