スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アジア経済を動かす華僑の力について


アジア経済を国単位で見る見方とは別の目に見えない構造があります。それが華僑です。アジア諸国
に限らずそれぞれの国には「国益」というものがあります。


アジアという経済圏を考えた場合、華僑の力によってアジア経済が動くといわれているだけに、アジア
経済のみならず、世界経済を語る上でも華僑をはずすことはできません。


華僑が関わっているというだけで他の投資家から注目を集めるので、投資するうえで大きなポイントに
なります。今回は、華僑について簡単に解説させていただきます。


基本的に華僑とはどういったものをさすのかといいますと、中国広東省や、福建省などの華南地域から
中国国外へ脱出して活動している漢民族という広い意味での華僑のことです。


彼等の多くは香港やシンガポールなどを拠点にしており、東南アジア諸国や北米などを中心に世界中に
活動を広げています。また華僑の人達が使う言葉は、広東語を中心に福建語などが話され、中でも客家
(ハッカ)と呼ばれる人達は漢民族の中でも少数派で客家語を話します。


客家の人達は非常に優秀とされており、昔から位の高い役人や学者には客家出身の人が多かったよう
です。中国の歴史をみると国を統治する党首が頻繁に変っていたことが分かります。


こうした影響から客家の人達に限らず、多くの中国人は自分の手で家族や資産を守るという意識が強い
ので、その影響が華僑に色濃く反映されています。ですので、華僑は世界中の国々を転々と移り住んだ
としても、その国に順応し、なおかつ繁栄することができるのだと思います。







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 華僑

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。