スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







世界におけるアジア市場の役割とは


世界の投資市場は、ユーロ経済圏、北アメリカ経済圏、そして
アジア経済圏で成り立っています。



一方、人口についてですが、ユーロ圏は約5億人、北アメリカ圏
は約4億人に比べ、日本、中国などを加えたアジア全体の人口
は約20億人以上となっております。



アジアは大市場に間違いないのですが、本格的に経済発展して
からまだ日が浅いので、今後さらなる発展を期待出来ます。



例えば中国をはじめとするアジアの市場は単なる労働力や資源
供給元ていどにしか世界では認識されていませんでした。



このため安い農作物や天然資源、安い労働力でつくった加工品
などを海外に輸出し、外貨で稼ぐという構造です。



最初は外貨の投資で工場が設立されて、安い賃金を武器に多く
の製品の生産基地となっていました。



日本もすでに通った道ですが、安さで世界市場に殴り込みをかけ
ました。やがて、外貨以外にも国内の企業が独自に下請け企業を
設立し、海外で製品を製造して輸出するようになります。


そして、これらの国は長い年月をかけて、資本が蓄積されました。


技術力もノウハウもレベルアップしてますし、人材も育ってきます。


レベルの高い商品を海外に販売できる企業が現れます。


国内で多少豊かになった人達が車や家を購入することが出来る
ようになります。この状態にまで達すると、これまで以上に成長
に加速をつけて豊かになります。その典型が今の中国です。



こうした動きが今後、ベトナムなどの他のアジア諸国に波及して
いくことは間違いありません。


【海外口座開設】 本格的にアジア株投資をはじめる!




※アジア株への投資は自己責任でお願いします。

アジア株関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ベトナム

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。