スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







上海証券取引所混乱継続中



上海証券取引所は国泰君安証券と共同作業によりまとめあげた調査報告の中で、1日の株価
の値幅制限を現行の前日終値比上下10%から20%に拡大することを提示したもようです。


上海証券取引所と、国泰君安証券がまとめた報告書によりますと拡大することにより株価が
市況をより正確に反映できるようにするためとしています。


この案に関して複数の主要経済紙が報じることとなりました。


記事によりますと、上海証券取引所は以下のように見解を示しています。

 
「1日の変動率に制限がある現在のシステムが、株価の上昇を抑えている。
また、上海株式市場の発展を遅らせている」


また、値幅制限の拡大することによって、最終的には制限の全廃につながる
可能性もあると指摘しているもようです。


上海・深セン両証券取引所は、1996年に中国証券監督管理委員会(CSRC)
からくだされた指示により、株価の乱降下が激しくギャンブル性の高い過剰な
取引を抑制する目的で1日の値幅制限を上下10%とする制度を導入しました。


ちなみに中国国内の証券取引所は、値幅制限を変更する権限はありません。



<以下より一部引用>

『上海証券取引所、値幅制限拡大を提案=主要経済紙』


(ロイター)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000900-reu-bus_all








テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。