スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







海外の証券会社と取引するメリット


実際に海外の銀行口座を開設している方は増えています。国内の金利が低いからという理由
だけでなく、色々な面で、資産を国内と海外に分けておいた方が万一の時に安心だからです。



こういったことと平行して、海外の証券会社に取引口座を開設して直接現地の個別銘柄を売買
される方が増えています。ベトナム株を取引するためのセミナーやツアーが開催されています。



アジア諸国は外国人でも証券口座を開設できるところが少なくありません。やはり、直接現地
の株をリアルタイムで売買できるのは大きな魅力です。



海外の銀行口座を開設すれば海外ファンドを購入することはできますが、色々と手続きが面倒
な場合が多く、最近では英語でのインタビューを受けなければ取引できないところもあります。



であるならば、最初から現地の証券口座を開設して取引したほうが、遠回りせずに取引できる
わけです。こういった点を考慮した上で現地の証券口座を開設する必要があります。



国内の証券会社を通じて海外の株を購入することもできますが、制限が多い上に資産を分け
ていることになはなりません。し、実際に個別銘柄が購入できるのは中国株のみです。







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 海外投資 資産運用 海外口座 ベトナム株

コメントの投稿

Secre

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。