スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







中国の株式市場のIPO事情について


2007年前半までは中国株式市場は文字通りIPOラッシュのような状態
にあったのですが、今では中国国内の株式市場が大きく低迷しているの
でIPOを見送る企業が増えているようです。



せっかく大変な思いをして厳しい上場診査をパスしても、人気化しなけれ
ば予定していたような資金を獲得することはできません。



世界経済の中心にある米国市場がここまで低迷してしまいますと、世界
中の国々が大きな影響を受けることとなります。株式市場が再び上昇局
面に向かうまで上場を見送る方が得策と考えるのも無理もありません。



ちなみに、IPOが活況だった時に中国国有商業銀行のCITIC銀行は総額
30億米ドルの調達を目指すことを発表して大きな話題となりました。



新規株式公開(IPO)のうち、60%を香港市場で、残りの40%を上海市場
で実施する計画が明らかにしたのですが、実際には予想以上に同銀行の
株は人気化して予想以上の資金を調達することができたのです。



同銀行には今年破綻した米国のリーマンブラザーズも出資していたほど
将来を嘱望されていたので、記録的な初値がついたわけです。



恐らく、昨年の時点で株式公開しておいてよかったと、役員の方は心の
底から思っているのではないかと思います。中国でも金融関連の銘柄
は大きな値幅をつけてこれまで下落しています。



株式市場に上場しようとする動きが鈍ると、市場はさらに活気がなくなり
ますので、こういう時期がチャンスとばかりに上場する新興企業が誕生
することを期待せずにはいられません。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 香港市場

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。