スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







ADRでアジア株に投資する魅力とは?


国内の証券会社を通じてアジア諸国の株式市場に上場する地元企業への投資は、中国を除いて
原則的に認められていませんので、投資する場合は直接投資することになります。


直接投資するには投資先の国で口座を開設する必要があります。


アジア株に興味があっても、海外口座を開設して直接取引きするとなると英語でのやり取りや、
情報が不足していることからリスクが高いと思われている方が多いです。


実際にアジア株に関する情報は依然として不足しています。


インターネット時代なので英語ができる人は、独自に情報収集できるでしょう。


しかし、大半の方はそういったことができません。


アジア株の中にはトヨタや、ソニーのような超優良国際企業になる可能性がある企業もあるかも
しれません。しかし、投資が盛り上がっている間だけ勢いが良い企業も多いです。


また、海外投資家を納得させるような情報開示に関するルールがありません。会計情報も、誠実
に公表している企業と、都合のよい情報だけを公開している企業も多いように思います。


今現在世界経済が大きく後退しようとしているため、新興国市場から資金を引き上げる動きが
活発化しています。そうした中でも世界的企業を目指して切磋琢磨する企業もあります。


そして、資金調達のための手段としてDRという証券を発行しています。


DRを発行することで世界中から効率よく資金を集めている企業が実際に存在します。


ちなみにDRとはDEPOSTARY RECEIPTの略称です。どういうものかといいますと、DRは海外の企業
が取引所に株を委託して発行流通させる証券のことです。


こうした世界各国の企業の証券を幅広く取り扱っているのがアメリカの証券取引所で、アメリカ
国内で流通している預託証券であることからADRといいます。


海外企業がADRを発行するには、厳しい審査と情報開示義務が生じますので、これらの条件を全て
クリアするのは非常に難しいとされているため、ADRは非常に信用度の高い証券といえます。


ADRは楽天証券でも取引することができますので、是非一度楽天証券のサイトを訪問されて詳細
を確認されてみてはいかがでしょうか。投資に対する興味が広がるかもしれません。

-------------------------------------------------------------------------------------
「PR」 エステ脱毛の選び方が分かる!最高水準のエステ脱毛はどこ?
-------------------------------------------------------------------------------------







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ADR アジア株

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。