スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







中国の高い経済成長は終焉を向える?


中国経済は、これまで高い成長を続けてきたわけですが、ここにきて減速する可能性を指摘
する声が広がっています。一党独裁の中国は、難しい舵取りを迫られています。


「転載開始:Record China」

『中国経済の減速は不可避、賃金も大幅に下がる見通し―米紙』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000016-rcdc-cn

2011年6月23日、鳳凰網財経によると、中国経済の急速に成長する時代が終幕に近づいて
おり、大規模な成長鈍化はすでに避けられない状態だと、経済学者であり作家でもある
リチャード・ダンカン氏が語った。


タイのバンコクに住むダンカン氏は金融情報サイト、マーケットウォッチのインタビュー
に「中国は今後5年以内に現在の成長速度を続けられなくなると思う」と話し、


近年の中国における賃金上昇は銀行の融資激増が引き起こした全体的なインフレ傾向の
一部であり、一部の経済学者が期待するような内需促進にはつながらないとした。


さらに、輸出による成長モデルは維持できなくなり、経済刺激策の効果も徐々に小さく
なった後には、賃金水準は必ず下がるとし、すでに予断を許さない状況だとしている。


金融危機の際に生産ラインを止めたことが2000万人もの出稼ぎ労働者の失業と給与の大幅
減を引き起こしたのと同様に、工場の給与が大幅に下がる可能性が高いとの予測を示した。

「転載終了」


不動産バブルを崩壊させてしまうと経済が大きく後退することとなり、逆に不動産バブル
を維持しようとすればインフレがさらに進み、庶民の生活を苦しめます。


雇用の確保のため、賃金を下げることが検討されているとなると大変です。


というも、中国の平均的な労働者の多くが長期間に渡って賃金が上昇すると考えていたわけ
でして、それを担保にマンションなど住居を購入し、そうした動きが不動産市場を拡大した
わけですが、それが完全にストップしていしまいます。


また、中国では日本のように福利厚生が完備されていないため、失業しても失業保険が得ら
るのは、ごく一部で、大半は年金も得られないので自力で貯蓄を拡大するしかありません。







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 中国 経済 成長

米国やアフリカ諸国は中国を最重要国へ


中国はアジアの覇権国になりつつあるわけですが、その影響力はすでに世界に広がっています。
米国やアフリカ諸国の間では中国を最重要国と位置づけています。


悲しいかな、昨年から今年にかけての現政府のとった行動を見れば、世界中に国々がそう思う
のも仕方がありませんね。日本の影響力はどんどん低下することになりそうですが、それでも
日本の信用が高まっているのは日本人一人一人の凄さですね。



「転載開始:サーチナ」

『米国人「アジアでもっとも重要な国は中国」、初めて日本を抜く』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110611-00000011-scn-cn


日本の外務省が米国で実施した世論調査で、「アジアにおける米国の最も重要なパートナーは?」
という質問に対し、39%の米国人が中国だと答え、31%の日本を上回った。


中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。この調査は年に1度行われるもので、今年は2月19日
から3月16日にかけて実施された。18歳以上の一般人1200人と有識者200人が対象。


調査では、昨年の調査では日中両国のいずれも44%で、今回初めて中国が日本を抜いた。また、
政財界の有識者を対象にした調査では、中国46%(昨年は56%)、日本28%(同36%)となった。


この結果から、高度経済成長が続く中国の影響力が米国の社会各界に浸透していることが伺える。


中国を重視する理由として多かったのが「経済貿易関係」(43%)と「科学技術力」。一方の日本は
「政治的な関係」と「経済貿易関係」(29%)だった。さらに、日米関係は「とても良い」と「良い」と
思うを選んだ人は77%。日米安保条約を維持するべきと答えた人は92%にのぼった。


日本は「信頼できる国」と答えた米国の一般市民は過去最高の84%(昨年は79%)となった。

「転載終了」


噂では管直人総理は、近いうちに訪米する予定だったのですが、米国側から拒否されたようです。
完全に四面楚歌状態にあるにもかかわらず、首相の座に居座ろうとする裏には何かありそうですね。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 米国 アフリカ 中国

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。