スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アジア株投資がさらに厳しい状況へ!


これまで世界を牽引していたアメリカ経済が崩壊したことによって、中国やインドなどの新興国
市場の拡大が、アメリカの穴を埋めてくれるのではないかと期待されました。



2009年中国は内需拡大を目的に大々的な財政出動を行いました。また、100兆円規模の金融緩和
を行ったのですが、市中には回らず、株と不動産に大半の資金が流れました。



このため、短期間で低迷していた株式市場は盛り返すこととなり、大都市圏の不動産は高騰する
ことになりました。しかし、残念ながらいつまでも続くわけではありません。



また、中国は世界の工場として稼動してきたわけですが、人件費が年々高騰しています。世界中
がデフレに陥っている状況にあるため、さらに人件費が安い国にシフトされます。



そうなると、中国経済を支えてきたものが崩れてくるわけですから、今後バブルが崩壊すること
となり、リーマンショック以上の経済的打撃を与えることは必至です。



当然のことながら日本やほかのアジア諸国に大きな影響を与えることとなりますので、投資活動
は十分注意する必要があります。基本的には売りです。早い段階で売るべきです。



身軽な状態で、大きく動いたところを短期売買で狙うしかありません。それを難しいと感じる
のであれば、しばらくは様子見に徹するべきでしょう。







スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 資産運用

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。