スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アジア経済が世界経済を支える理由


1997年投機筋によってアジア通貨危機がおこったことから、この時アジア各国市場の株価は
大きく下落しました。以後、アジア諸国の経済は長い間低迷を余儀なくされました。



そして、2007年までに、1995年投機筋によって作られたバブル状態と同じ水準に経済レベル
を戻したのですが、今回は実体経済に基づいているので力強さを感じます。



しかし、企業というのは政府機関のような国営機関ではないので、業績が大きく悪化すれば、
有無をいわさず撤退しなければならないので、今現在再び危機的状況が訪れています。



一方、インドやベトナムなどは外資の積極的な投資が継続して続いていますので、こうした動き
が継続することになれば、アジアを中心に経済発展する可能性を秘めています。



実際に中国、インドでは、以前ほどではないにしろ、どの都市でもいたるところでビルが建設中
ですし、高速道や鉄道建設の場におきまして労働者が沢山働いている姿が見受けられます。



まるで、テレビなどで昔の映像が流される東京オリンピックを控えた昭和30年代後半の日本に
ダブって見えます。それほど急ピッチでの開発が進んでいます。



今後もこれまで以上に世界中からアジアの株式市場に投資されることが期待されている状況
にあるだけに、数年後には大きくアジア諸国の株式市場が拡大しているかもしれません。



実際に過去数年間に中国とインドはとてつもない勢いで経済成長を遂げており、そうした勢い
がアジア諸国に波及していますので、何とか今回の金融危機を持ちこたえて欲しいものです。



事実、ベトナム、はここ数年の間に力をつけており、ベトナムは国をあげて外資からの投資を
呼びかけている状態ですので、日本企業も本格参入しています。



ベトナムもインド同様にインフラ整備が整っていないだけに国の推進する公共事業は各国間で
争奪戦を繰り広げている状態にありますので、数年で状況が大きく好転しそうです。







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 海外投資 資産運用 中国 インド

海外ETFでアジア株に投資する方法


海外には沢山の金融商品が流通しています。日本ではとても考えられないような、高い金利が
設定されている債券や、高い運用利回りが期待できる個別銘柄が沢山あります。



もしかすると、今現在のように世界的に金融不安が広がっている状況下では、あまりにも高金利、
高利回りをうたっている金融商品への投資は気が引けるかもしれません。



そういった場合でもインデックスファンドを株式市場に上場させたETFや、複数の投資信託を組成
するファンド・オブ・ファンズなどでリスクを分散してアジア株投資ができます。



特に、今現在、注目をあつめているのが、海外ETFです。海外ETFであれば、これまで日本から
は、直接投資することができなかった国であっても、その国の株式市場のインデックスに連動さ
せた上場投信であるETFに投資することが出来るわけです。



一般の証券会社では楽天証券が非常に力を入れています。実際に、かなり豊富に取り扱って
いる印象を受けます。また、オススメが、CFDを取り扱っている証券会社で取引することです。



CFDの場合は証拠金取引が可能であるため、取引に必要となる金額を全て用意する必要が
ないので、資金効率が非常に良いので、投資効果を高めることができます。



CFDが急速に拡大することにより、世界中の国と地域がさらに密接になり、取引できない商品
はなくなるかもしれません。問題は情報が少ない点ですが、こうした点も今後の課題です。







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 海外投資 資産運用 CFD 海外ETF

アジア通貨危機を学んで投資に生かす


今現在、金融不安の影響から世界的に景気が悪化しています。思えば10年ほど前にアジア
経済に深刻なダメージを与えることになったアジア通貨危機は最初タイのバーツが大暴落し
たことから始まりました。(韓国も酷かったのですが、今回は前回をも上回っています)



それまで好調とされていた各国の経済は通貨の下落と同時に金融機関の不良債権が表面
化することとなり、企業の倒産や、失業者の増大という、大不況に陥りました。



そして、こうした背景には、経済が好調だったがゆえに、起こるべくして起きてしまったという
事実がございます。急激な成長は、資金循環のリズムを乱します。



また、旺盛な資金需要が借金を増やします。そして、過剰な投機的資金が株式市場に流入
することとなり、土地がそれに伴い値上がりします。



いわゆるバブル経済が形成されます。この当時世界各地の金融市場が抜本的に改革され
ることとなり、自由化が進むこととなります。



このため、儲けるチャンスを目指して世界中を駆け巡る、ヘッジファンドが大きな勢力になり
ます。そして、このヘッジファンドが狙ったものが、金融システムが未整備なアジアの通貨
システムだったのです。恣意的に仕掛けられたわけです。



また、アジア通貨危機については、これまで様々な見方がなされていましたが、本質的に
はマネーゲームの餌食になってしまったことが大方の見方となっております。



実体経済の活動によって、ヒト、モノが大きく動くことになります。そして、その結果、資金が
潤滑油のような役割で循環することになるわけですが、アジア諸国を襲った通貨危機は、
そのお金の循環が滞ってしまい、経済にダメージを与えました。



大幅なインフレ、倒産、失業、金融機関の不良債権の増大といった負のサイクルに陥って
しまったのです。そして、日本の場合、円はドルに守られるという側面に助けられ、通貨
危機にはなりませんでした。しかし、バブル経済の破綻による後遺症は長く残りました。



厄介なのは、今現在、アジア通貨危機の時よりも、さらに大きな規模の金融危機が起こっ
ています。注意しなければならないのは、今が安値で仕入れるチャンスだと、いった何の
裏づけも無い言葉にあおられてはなりません。


今は積極的に株式投資するような状況にはありません。静かに静観すべきときなのです。







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : タイバーツ アジア通貨危機 アジア株 海外投資 資産運用

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。