スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株価が暴落した場合の対処法について


グローバル経済化が2000年以降急速に進んだことによって、90年代までのように、
世界各国経済が独自の動きを見せる傾向が弱まっています。



どういう意味かといいますと、米国経済が良い状態にあったとしてもタイやベトナム、
インドなどのアジア諸国の経済は火の車状態だったりしたわけですが、今では中国
でさえ、世界経済に連動した動きをみせています。



これは経済だけではなく、各国の株式市場の動きにもいえることです。ニューヨーク
株式市場が暴落したり暴騰したりすると連動した動きをみせます。



世界同時株安といったことは、これまで年に1~2回あるかないかでしたが、ここに
きて変動幅は縮小されたとはいえ、頻繁に繰り返しています。



世界の覇権国として君臨してきた米国経済が大きく低迷したことによって、各国の
様々な産業が落ち込んでいます。一度落ち込んだものが回復するまでには、それ
相当の時間がかかることになりますので、長期化を余儀なくされそうです。



また、株式市場がこれほどまでに混乱してしまうと、中長期での相場の予想が思う
ようにたてられません。ですので、手数料などを考慮した上で、ある程度短期売買
に徹して、アジア株とはいえ、取引する必要があります。



実際にアジア株をされると分かると思いますが、仮に業績もよく好材料が発表され
たとしても、ニューヨーク市場が暴落すると、連動して暴落する可能性が高いです。



こうした事態に遭遇した場合において、もし、どうしようか悩まれた場合は、ポジシ
ョンを速やかに閉じて出直されることをオススメシマス。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。