スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アジア株大幅安で債券へシフト




前日のアジア株式市場は日本を含め軒並み大幅続落すること
となり、米経済が景気後退局面に入ることにより、世界経済に悪
影響を及ぼすとした懸念感が高まっております。


当日のアジア各国の株式市場は5~7%程度下落しております。


また、休日明けの米国株式市場は、米株価指数先物の急落を受
けて、大幅安となることが予想されておりましたが、予想以上に酷
く、一時400ドル以上下げて急落しました。



これまで、順調に推移していた亜鉛や銅といった工業用金属や
原油も下落し、安全性の高い政府債に資金がシフトしています。



やはり、金融市場全体が信用不安で大きく揺れていることから
投資家の間では高リスク・高利回り資産への投資を見送る動き
が強まっているもようです。



このため、ドル円は2年半ぶりに105円台をつけることとなり、
輸出関連株を圧迫することとなりました。



欧州でも債券市場に資金がシフトされる動きが高まっており、
今後もさらに米国株式市場を中心に下値を模索する動きが続
くことが予想されております。


中長期での投資は控えたいところです。




応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※アジア株への投資は自己責任でお願いします。

アジア株関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

中国の07年貿易額2兆米ドル突破



【アジア株で始める資産運用入門】



先日、07年の中国の貿易額が海関総署から発表されたのです
が、それによりますと、前年比で23.5%増の2兆1,738億米ドル
(約237兆8,600億円)に達したもようです。


ついに2兆ドルの大台を突破することになりました。


NNAの記事によりますと、内訳は以下の通りです。


<輸出>

1兆2,180億米ドル(前年比25.7%増)


<輸入>

9,558億米ドル(前年比20.8%増)



一方、国・地域別の貿易額に関しましては、欧州連合(EU)が
最大となっており、続いて米国、3位が日本となっております。



欧州連合(EU)=3,561億5,000万米ドル(前年比27%増)


米 国=3,020億8,000万米ドル(前年比15%増)


日 本=2,360億2,000万米ドル(前年比13.9%増)
 


そして、昨年の貿易黒字は2,622億米ドル(前年比47.7%増)に
達しており、当局がこれまで輸出抑制策を打ち出したことによっ
て伸び率は昨年と比較すれば低下しております。



しかし、依然として高い水準にありますので、今後も諸外国との
貿易摩擦や、人民元切り上げ圧力の高まりなど、黒字の膨張に
関する問題はおさまりそうにありません。



一方、12月の中国の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比
6.5%で、11年ぶり高水準となったことが明らかになっております。




応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※アジア株への投資は自己責任でお願いします。

アジア株関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 消費者物価指数 人民元

海外ファンドの仕組みについて



【アジア株で始める資産運用入門】



海外ファンドへ投資する日本人の投資家は年々増えている
のですが、あまり良いイメージは今のところないようです。



なにせ、テレビや新聞で報じられる記事の多くは、海外ファ
ンドの特性ではなく、マネーロンダリングや脱税の温床とし
て捉えた内容のものが少なくありません。



恐らく、メディア側は、オフショア地域を中心に開発・運用
されているオフショアファンドと海外ファンドをひとくくりして
いる向きがあると思います。



オフショア地域の特徴として、所得税や法人税がないので、
ファンド自体の運用益に対して課税されません。



しかし、ファンドにもよりますが、パフォーマンス自体それ
ほど良いわけではなく、また、誇大広告をうたったものも
少なくないので、注意しなければなりません。



中国株、インド株のファンドは、国内でも購入できますし、
中国株ファンドを2006年に購入された方は、3倍以上に
投入した資金を増やされた方も少なくありません。



もちろん、すでにバブルのピークにあるとされている中国
市場がこのまま拡大する保証はないので、今後も高いパ
フォーマンスを期待するには無理があると思います。



しかし、中国以外にも、ベトナムや、タイマレーシアなど
が今後大きく経済成長を遂げることが期待されています。



常に新しい商品を取り扱うことで差別化したいと証券会社
は考えているので、こうした新興国ファンドがさらに拡大す
る可能性があるので、今後も要注目です。




応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※アジア株への投資は自己責任でお願いします。

アジア株関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ベトナム タイ マレーシア

お役立ちサイト(1)


(1) クレジットカード(シャープ)

http://www.c-recipe.biz/

クレジットカード(シャープ)は、クレジットカードの比較兼申し込
みに関するサイトです。主に節約という観点からクレジットカード
について分りやすくコメントしています。


比較できるところは徹底的に比較しているので、他のクレジット
カードサイトよりもカードを選びやすいと思います。



(2) 素材(シャープ)

http://www.c-sozai.biz/


素材(シャープ)は、クレジットカードの文章素材サイトです。
コピー&ペーストでクレジットカードサイトが完成します。


また、クレジットカードのテーマごとに情報源を用意しました。
効率的にクレジットカードサイトを作成することができます。



(3)クレジットカード?

http://c-recipe.main.jp/

「クレジットカード?」は、Wikipedia風のクレジットカード解説
サイトです。クレジットカード会社に26年の勤務していた経験
から管理人がクレジットカードに関する全ての疑問に答えます。




(4) クレジットカード%

http://www.c-recipe.biz/hand/


クレジットカード%では、クレジットカードの基本はもちろん、
勤務経験がないと提供できない審査情報やクレジットカード
比較のポイント、最新の業界 ニュースから雑学まで。


カード会社勤務歴26年の管理人がクレジットカードに関 す
るあらゆる情報を提供します。



(5) クレジットカードクチコミ掲示板

http://www.c-recipe.biz/kutikomi/


クレジットカードクチコミ掲示板では、クレジットカード保有者
のナマの声を掲載するとともに、クレジットカードのサービス
を徹底解説しています。



(6) クレジットカードエピソード

http://episode.blog-recipe.info/


クレジットカードに関するエキスパートである管理人さくらが
クレジットカードの雑学から役に立つ知恵までを分かりやす
くまんべんなく紹介・解説しています。



(7)クレジットカード覚書

http://oboegaki.blog-recipe.info/


クレジットカードに関するエキスパートである山ちゃんがクレ
ジットカードをぶった斬ります!


クレジットカードの一般的な知識からお得なクレジットカード
活用法までQ&A方式で解説しています。










さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。