スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







世界半導体市場、年5─10%成長




『世界半導体市場、今後10年間は年5─10%成長』


本日ロイターから報じられた記事によりますと、半導体受託生産で世界
最大手、台湾積体電路製造のモリス・チャン会長は、世界の半導体市場
は向こう10年間で年5~10%成長する、と、自らの見解を述べました。


台湾積体電路製造の設立20周年の記念イベントで述べたもようです。


モリス・チャン会長は、今年の同社の設備投資は28億ドルの見通しとし、
従来の予想レンジの上限の数字を示したもようです。


これは昨年の水準を10%上回る非常に高い数値です。


また、米半導体工業会(SIA)によりますと、昨年の半導体売上高は8.9%
増の約2480億米ドルに達したとされております。


このため、今年は約10%増加する見通しとしております。
 

しかしながら、TSMCのチャン会長が示した半導体市場の成長に関する
見通しが、売上高、出荷高、生産高のどれを指しているのかは、明らかに
はされなかった様子です。
 



(ロイター)

『世界半導体市場、今後10年間は年5─10%成長=台湾TSMC』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000873-reu-bus_all







スポンサーサイト

中国預金準備率また引き上げ



『中国預金準備率また引き上げ』



読売新聞の記事によりますと、中国人民銀行(中央銀行)は、金融機関の預金準備率
を現行の10.5%から0.5%引き上げ、11.0%にすることが明らかになったもようです。


本年度の5月15日から実施することとなります。


預金準備率の引き上げは今年に入って、かれこれこれで4回目で、今月16日にも0.5%
引き上げられたばかりです。


市中の過剰な資金を吸収し、固定資産投資などに回る貸し出しを抑制する狙いとされて
おり、中国は、今年1~3月の国内総生産(GDP)が前年同期比11.1%増と、昨年10
~12月の同10.4%増から加速しているとされております。


06年後半に抑制された固定資産投資も再び拡大している状態にあるもようです。


このため、中国人民銀行は、利上げを含めた金融引き締め策を小刻みに実施し、経済の
軟着陸を目指していることが明らかになりました。




「以下の記事より引用」



(読売新聞)

『中国預金準備率また引き上げ、今年4回目の金融引き締め』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000112-yom-bus_all







上海証券取引所混乱継続中



上海証券取引所は国泰君安証券と共同作業によりまとめあげた調査報告の中で、1日の株価
の値幅制限を現行の前日終値比上下10%から20%に拡大することを提示したもようです。


上海証券取引所と、国泰君安証券がまとめた報告書によりますと拡大することにより株価が
市況をより正確に反映できるようにするためとしています。


この案に関して複数の主要経済紙が報じることとなりました。


記事によりますと、上海証券取引所は以下のように見解を示しています。

 
「1日の変動率に制限がある現在のシステムが、株価の上昇を抑えている。
また、上海株式市場の発展を遅らせている」


また、値幅制限の拡大することによって、最終的には制限の全廃につながる
可能性もあると指摘しているもようです。


上海・深セン両証券取引所は、1996年に中国証券監督管理委員会(CSRC)
からくだされた指示により、株価の乱降下が激しくギャンブル性の高い過剰な
取引を抑制する目的で1日の値幅制限を上下10%とする制度を導入しました。


ちなみに中国国内の証券取引所は、値幅制限を変更する権限はありません。



<以下より一部引用>

『上海証券取引所、値幅制限拡大を提案=主要経済紙』


(ロイター)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070313-00000900-reu-bus_all








テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

中国、最大の貿易相手国に




『中国、単独で最大の貿易相手国に』


やはり、アジア経済、アジアの株式市場を牽引するのは中国の経済成長
に掛かっているようです。


本日の読売新聞が発表した記事によりますと財務省が発表した2006年度
の貿易統計によりますとと、中国との貿易額が前年度比16.5%増の25兆
4276億円にたっすることとなったもようです。


これにより、貿易相手国として、戦後初めてアメリカを上回り、中国は最大
の貿易相手国になったことが明らかになりました。


日本と中国の経済の相互依存関係が強まる中、中国単独で日米の貿易額
を超えることとなり、今後の着地点を模索することになるのではないでしょうか。

 
ちなみに、財務省が発表した指標によりますと、06年度の対中国貿易は、
半導体を中心に輸出が21.2%増の11兆3145億円、輸入も衣類や携帯電話
などが増えて13.0%増の14兆1131億円となりました。


これにより、輸出、輸入とも8年連続で増えることとなったもようです。



「以下の記事より引用」




( 読売新聞)

『中国、単独で最大の貿易相手国に…25兆円、米抜く』







テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

アジア債券市場急拡大



90年代にアジア経済に深刻ダメージを与えたアジア通貨危機の再発を予防策として
日本がASEANなどと育成しているアジア債券市場の規模が、06年末に、8倍以上
にあたる2兆700億ドルまで成長したとされております。



今後も継続して、企業収益が、アジア債券市場で再投資されれば、域内の資金調達
の安定性を高める効果が期待できるとされております。



今後より一層の多様化を勤めるためにも、投資家層の拡大など、市場機能を高める
ための課題は残されており、日本の協力が今後も不可欠とされています。



今後、アジア開発銀行総会で、育成支援策が主要議題の一つになるもようです。



繰り返しになりますが、この組織が結成された目的は、タイ・バーツの暴落から
始まったとされるアジア通貨危機は、その後、海外の金融機関
や投資家が一気にアジア諸国から短期資金を引き揚げたため、インドネシア、
韓国などに飛び火し危機に拍車をかけることとなりました。



主な要因として、アジア域内では設備投資に長期資金を十分に確保できず、短期
の米ドル資金に過度に依存していた原因があげられています。



そして、この打開策として、ASEANプラス3(日中韓)は03年に、アジア債券
市場の育成を進めていくことで合意することとなりました。



今後も継続的な援助を求められておりますが、アジアにとって重要なことだと思う
ので、大きな援助が受けられることを期待します。



 
  
※投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。

サイト内の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、利用者さまが、
いかなる損害を受けた場合も、当方では一切の責任を負いません
ので予めご了承下さい。

アジア好配当株投信deアジア株投資入門トップへ







テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

アジア市場活況で最高値更新





『アジア市場活況で最高値更新』



ロイターの記事によりますと、本日9日、シンガポールと、韓国市場がそれぞれ
過去最高値を更新したもようです。


9日序盤のシンガポール株式市場でST指数が0.84%上昇して3376.56を付け、
最高値を更新しすることとなりました。


また、一方のソウル株式市場で総合株価指数が4日連続で過去最高値を更新し、
0.38%高の1489.791で寄り付いたもようです。


ロイターの調査によりますと、アジア市場の活況の要因としては、3月の米雇用
統計が予想を上回る内容だったことがあげられております。、


日本市場も、先週末比200円以上上昇しておりますが、過去最高値更新には
程遠いいですし、もうそろそろしたらまた調整期間に入るのではないかと思います。




ご覧頂きまして誠にありがとうございます。





「以下の記事より引用」






(ロイター)

『ソウル株式市場、総合株価指数が最高値更新で始まる』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000478-reu-bus_all


『シンガポール株式市場のST指数、0.84%上昇し最高値を更新』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000493-reu-bus_all







『米経済懸念後退からアジア株が軒並み上昇』

 


『米経済懸念後退からアジア株が軒並み上昇』


 


本日発表されましたロイターの記事によりますと、アジア株式市場が軒並
み上昇しているもようです。



2月の米住宅販売保留指数が予想を上回り、米市場の見通しに関する
懸念が後退したことでを市場が好感したとされております。



2月の世界同時株安で世界中の市場が大幅に下げましたが、台湾市場の
加権指数は一時8000の大台を突破し、約6年半ぶりの高値をつけました。



そして、シンガポール市場も、ST指数は1.44%高の3335.78で過去最高値
を更新することとなりました。



一方、為替市場では、リスクに対する楽観的見方が広がり、低利回り通貨
の円が対ドルで5週間ぶり安値をつけたもようです。


 


  



ご覧頂きまして誠にありがとうございます。


 


 


 



「以下の記事より引用」


 


 



(ロイター)


『アジア株が軒並み上昇、米経済めぐる懸念が後退』


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070404-00000980-reu-bus_all







さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。