スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







韓国の国民銀行はサムライ債起債見送る




これまで、サムライ債の利率など発行条件を決定することが
予定さていたのですが、韓国の国民銀行が起債を見送ること
を決定したことが明らかになりました。



今回の起債見送りした背景として依然として、世界中の金融
市場を大きく揺さぶる、米サブプライムローン問題が深刻化
していることがあげられております。



これにより、円債相場におきましてボラティリティ(変動率)
が上昇しているために見送ることを決断したもようです。



ロイターの記事によりますと、JPモルガン証券、BNPパリバ
証券、大和証券SMBCを国民銀行は主幹事に、固定利付債
および変動利付債をセットに期間各3年、発行総額300億円
でサムライ債を起債する予定とされておりました。



また、投資家に向けてこれまで行ってきた市場調査によりま
すと、LIBOR(ロンドン銀行間貸出金利)に対して100bp程度
上回り、スプレッド水準の低迷が嫌気されております。



リスクマネーを回避する動きが高まった場合、各国の債券市
場へシフトする動きがこれまで何度も見られておりました。



しかし、こうした動きは長期的ではなかったものの、サブプラ
イム問題が加速した場合の避難先として想定されていたの
ですが、こうした思惑通りには中々いきそうにありません。



ここまで、マネーの価値が下がると、中々投資が集まりにくく、
むしろ金をはじめとした貴金属への重要がたかまることが予想
され、商品市場にシフトされる動きが高まりそうです。




応援クリック何卒宜しくお願いします

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ



※アジア株への投資は自己責任でお願いします。

アジア株関連の記事の誤字脱字、内容の間違いを含め、
一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

アジア株で始める資産運用入門トップへ







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ボラティリティ JPモルガン証券

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。