スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







海外ETFでアジア株に投資する方法


海外には沢山の金融商品が流通しています。日本ではとても考えられないような、高い金利が
設定されている債券や、高い運用利回りが期待できる個別銘柄が沢山あります。



もしかすると、今現在のように世界的に金融不安が広がっている状況下では、あまりにも高金利、
高利回りをうたっている金融商品への投資は気が引けるかもしれません。



そういった場合でもインデックスファンドを株式市場に上場させたETFや、複数の投資信託を組成
するファンド・オブ・ファンズなどでリスクを分散してアジア株投資ができます。



特に、今現在、注目をあつめているのが、海外ETFです。海外ETFであれば、これまで日本から
は、直接投資することができなかった国であっても、その国の株式市場のインデックスに連動さ
せた上場投信であるETFに投資することが出来るわけです。



一般の証券会社では楽天証券が非常に力を入れています。実際に、かなり豊富に取り扱って
いる印象を受けます。また、オススメが、CFDを取り扱っている証券会社で取引することです。



CFDの場合は証拠金取引が可能であるため、取引に必要となる金額を全て用意する必要が
ないので、資金効率が非常に良いので、投資効果を高めることができます。



CFDが急速に拡大することにより、世界中の国と地域がさらに密接になり、取引できない商品
はなくなるかもしれません。問題は情報が少ない点ですが、こうした点も今後の課題です。







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 海外投資 資産運用 CFD 海外ETF

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。