スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







米国債が急落した場合の注意点と対処法


中国は米国から人民元の切り下げに対する圧力を緩和させるために米国の国債を
大量に購入しています。すでに日本を抜いて米国債の保有率1位となっていますの
で米国との関係はこれまでになく緊密になっています。



国債価格が下がれば当然のことながら中国は大きな損失をこうむることになるので
米国経済を下支えするために必死になります。



ですので、アジア株をはじめとしたアジア資産を中心とした海外投資を行う場合は
中国と米国の関係を無視することはできません。



もっとも、世界中からの注目が高いので国内のメディアでも頻繁に取り上げられて
いますので、避けようとしても避けることはできないでしょう。




特に中国経済の成長スピードが鈍化しているためにアジア諸国は大変な打撃を受け
ていますので、米国の経済政策や金融政策によって米国債の価値が大きく下がる
場面に遭遇してしまった場合は速やかに金融資産は売却するべきです。



そして、資産の避難先は現物の金などがお勧めです。債券価格が下落する場面では、
経済の建て直しはさらに長期化する可能性が高まります。



このため、世界中の投資家が資産の避難先として現物および先物の金投資を選択し、
金価格が長期的に上昇する可能性が高まるわけです。今後、米国経済を再建するうえ
でさらに大量に国債を発行することになる可能性が高いだけに注意が必要です。







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 海外資産

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。