スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







下降局面に合せたポジションを取る


これほどまでに世界中の株式市場が連日のように乱高下を繰り返して
いるような状況下では心が動揺するため、多くの個人投資家の方々が
適切な投資判断を下すのが難しいと、頭を痛めています。



過去2年間に渡ってポジションを拡大してきた方のなかで、損切を見送
ってしまい含み損が拡大している状況下にあるのであれば、迷わず売
るべきです。もし売れないのであればポジションを縮小しましょう。



いきなり半分は難しいかもしれませんが、ポジションを縮小することで
さらなる含み損の拡大は避けることができます。



実際にポジションが軽くなった分、精神的にもかなり余裕が生まれま
すので安心してトレードすることができます。



アジア株にかぎらず、株式市場のトレンドは常に上昇トレンドと下降
トレンドが繰り返されているように思われているかもしれません。



しかし、残念ながら実際に上昇トレンドとよべる状態に市場があるの
は10年に1度か2度あるかないかなのです。



ですので上昇トレンド時にタイミングよく利益をあげられた方々は下降
トレンドでも上昇トレンドにある時と同じような取引を続けてしまうため、
常に損失を拡大し続けてしまうわけです。



もし、今現在、抱えているポジションの全てが含み損がでている状況
にある場合は一旦全てポジションを閉じて様子見に徹するべきです。



すでに、これまでの投資手法が通じないわけですから、そのまま我慢
しても損失を拡大するだけとなる可能性が高いです。相場が下落基調
にあるときこそ、身軽に動ける状態にしなければなりません。







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 株式市場

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。