スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







外国株に投資する様々な方法について


アジア株を含めた外国株は外国の企業の株式をさします。実際に東京証券取引所でも米国や中国の
企業の株を投資することができますが、上場している銘柄が少ないのが難点です。


もちろん直接投資する方法もあります。例えば現地の証券会社で取引口座を開設すれば取引可能で
すし、その国特有のサービスを受けることもできますが問題もあります。


インドのように海外投資家の取引を一切認めていない国もあります。こうした国では例え現地に出向い
ても証券会社で取引口座を開設することはできませんので注意する必要があります。


また、香港のBoom証券のように一つの取引口座を開設することでアジア市場を中心に世界中の株を
取引することもできます。ただし、取引するためのプログラムが全て英語で表記されています。


そして、証券会社とのやり取りも全て英語ですので、語学力が必要です。そうした中で個人的に注目し
ているのがCFDです。CFDは国内外の個別株、株価指数先物、ETF、債券を取引できます。


今のところはアジア市場は取引できないのですが、CFDの人気が高まれば近い将来取引できる可能性
は高いと思います。それまでは一般の証券会社を通しての売買で我慢するのが一番かもしれません。







スポンサーサイト

テーマ : 株式情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アジア株 外国株

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。