スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







プライベートバンクの仕組みについて


今回はプライベートバンクの仕組について誠に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。
世界中の金融機関は世界の市場に投資のチャンスを日々伺いながら巨額の資金を運用しています。


そして、通常個人では到底投資することが出来ない市場でも特別の資格を保有して投資機会を得て
います。顧客一人のために、オプションなどさまざまな金融手法を用いて独自の商品を開発して顧客
資産を守るのがプライベートバンクの勤めであり、また、役割とされています。


こうした海外金融機関は顧客になるのもそれ相応の金額が必要とされます。金融機関によって違い
ますが、通常最低でも5000万円以上でないと口座開設は難しいとされています。


「そんな金ないよ~」と言わないでください。自分自身に限界を設けることになります。今は無理でも
数年後には自分の資産を運用してもらおうとイメージできるかできないかで着地点が異なります。


ちなみにプライベートバンクは巨大な数の調査員と各分野の専門家を有していますのでリスクヘッジ
しながら運用しています。こうした金融機関の多くが香港、シンガポール、ロンドン、ニューヨークなど
の金融センターに拠点を配置しており、実際に世界中の富裕層へ金融サービスを行います。


日本でもいわゆる巨額の資産を保有している経営者、資産家は彼らに預けている場合が多いといわれ
ております。プライベートバンカーは顧客の資産の効率的な運用をまず第一に考えます。


その為に各国の税制を熟知し、存分に利用します。そしてスイスの銀行などに代表されるように徹底的
に顧客の情報を守ります。運用手法についても同様で明らかになりません。


秘密厳守と高度な金融手法が彼らの最大の武器なのです。そのため、広告宣伝などは一切おこないま
せん。あくまでも顧客の紹介ベースで信用のある顧客へのサービスを提供しています。







スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : プライベートバンク

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。