スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







プライベートバンクで資産運用する




■究極の資産運用


アジア経済にどのような形で投資するかについてですが、最初は我々一般の投資家には
別世界ともいえる巨額の資金を運用するプライベートバンキングについてです。

【PR】 アジア株取引は各種手数料が激安なCFDが断然お得!



世界にはとんでもなくお金を沢山稼いでいて、巨万の富を築いてらっしゃる方がいるわけ
ですが、全て自分で自分の財産を管理しているわけではありません。


もし数億円単位のお金を今現在もっていて、なおかつその資産の中からアジアに投資した
いのであれば、運用先として外資系のプライベートバンキングがございます。






■プライベート・バンクが誕生した背景


プライベートバンクの中には、巨大な資産を有する外資系の銀行家から、小規模の資産
運用相談アドバイスにいたるまでプライベートバンキングの暖簾を下ろしています。


プライベートバンクは、ヨーロッパで度重なる戦争が繰り広げられていたため、ヨーロッパ
の富裕層のためにスイスの銀行が資産を運用するためのサービスが始まりました。

2年7カ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法



プライベートバンクと普通の銀行との違いですが、例えば日本の銀行業は財務省からの
免許を取得することによって、預金、融資、為替の3業務を行っています。





■かつてほどプライバシーは守られない


しかし、一方のプライベートバンキングというサービスは、もっぱら顧客の資産を預かって、
運用するということに特化しています。ですのでムダがないのです。


そして、世界の主要銀行の中でも富裕層向けのサービスを行っているのが、シティバンク、
香港上海銀行など欧米の金融機関のプライベートバンキング部門が有名です。


その他にもスイスやロンドンなどの金融センター、オフショアといわゆる金融自由国に拠点
をもつプライベートバンカーは多いです。富裕層の仲間入りを目指しませんか?

【PR】 CFDは業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!









スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 香港上海銀行 アジア株

さらに詳しく調べる


 検索例  
アジア株 証券会社 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー
お問い合わせフォーム


タグ

  • seo

  • seo
ユーザータグ

アジア株 海外投資 資産運用 中国 ベトナム インド 中国株 華僑 海外口座 消費者物価指数 韓国 人民元 ADR プライベートバンク 中国経済 タイ株 ボラティリティ タイ マレーシア JPモルガン証券 アジア経済 株式市場 外国株 海外ファンド ベトナム株 米国 アフリカ 成長 経済 海外ETF CFD メリット 株式ファンド 香港市場 海外資産 アジア通貨危機 タイバーツ 香港上海銀行 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。